スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに楽をさせたいならオフショア弁護士にすればいい!?

世界中の有名ヘッジファンドが籍を置き、まさにヘッジファンドのメッカといえるケイマン。その大きな理由は、税金面で非常に優遇されているオフショアであるにも関わらず、ヘッジファンドに対する法的整備がしっかりしていて、投資家保護の体制をつくりやすい(=信頼性が高いぶん、お金を集めやすい)というものでした。

T君たちのヘッジファンドも、ケイマンに籍を置いています。会計監査などが厳しいのはこちらの記事でご紹介したとおりですが、ヘッジファンドの設立にあたっては弁護士の署名もいくつか必要になるそうです。

当然、この弁護士はケイマンの法曹試験に受かった人たちです。いわばオフショア弁護士ですね。世の中にはいろんな仕事に就いている人たちがいるものですが、ヘッジファンドの設立にあたっては、必ず彼らの力を(もちろんお金を払って)借りる必要があります。

T君たちが活動する香港には多数のヘッジファンド会社がありますから、ケイマンの弁護士たちもたくさん香港に事務所を構えています。ケイマンには籍を置いているだけで、実際のヘッジファンド会社は香港をはじめ他国にあるケースがほとんどですから、当たり前といえば当たり前ですね。

ケイマンではヘッジファンドに関する法制が整っているうえに、この弁護士たちのメイン仕事もヘッジファンドの設立ですから、彼らにとっては書類作りや説明などもルーチンワークであり、T君と一緒に契約に行ったN君に言わせると「ものすごい楽な仕事に見えた」とのこと。

それで受け取る報酬は、結構モノスゴイ金額らしいですから、かなり美味しい商売みたいです(もちろん、試験に受かるという難関はあるのでしょうが)。N君の言っていた「子どもに楽をさせたいなら、オフショア弁護士ですね」という言葉が、かなり印象に残っています。

ちなみに、T君たちのヘッジファンドが利用している弁護士事務所は、Applebyというところ。ケイマンをはじめ世界中のオフショアで活動する弁護士事務所で、オフショア弁護士事務所としては世界でも3本の指に入る大手弁護士事務所とのこと。やっぱり値段も張るのでしょうが、それだけに今回のヘッジファンドにかけるT君たちの意気込みが伝わってきます。
スポンサーサイト

ヘッジファンドの籍をケイマンに置いた理由

T君たちのヘッジファンドは、オフショアとして知られるケイマンに籍を置いています。要するにケイマン籍のヘッジファンドということです。なぜ、ケイマン籍にしたのか。T君はその理由として、国際的な知名度、整備された法律、そして非課税という3つを挙げてくれました。

確かにオフショア地域として一般にもケイマンは有名ですが、じつは、オフショア地域のなかでも、ケイマンはヘッジファンドの設定先として圧倒的なシェアを誇っていて、世界中のヘッジファンドの90%以上がケイマンに籍を置いているそうです。

オフショアというと、法的な規制が極めて緩やかで情報秘匿性が高いという印象が強いですが、ケイマンは世界中の数多くの上場企業が持ち株会社を置いていることからもわかるように、役員や株主などの状況を確認しやすく、非課税等ことも含めて法整備がかなり進んでいます。税金に関する規定がないのではなくて、規定を設けて非課税にしているわけです。

同じオフショアでも、BVI(ブリティッシュ・ヴァージン・アイランド)などは、例えば会社の所有者ひとつ取っても、その実体を把握することは難しく、まさにブラックボックスな地域といえます。だからこそ利用価値があるのですが、ヘッジファンドの設定先としては、やっぱり怪しすぎて投資家の信用を得るのは難しいといえるでしょう。

その点、ケイマンはヘッジファンド向けの法整備もなされているため、ファンドの設立もスムーズですし、ファンドの透明化も格段に図りやすくなっています。その最たる例が会計監査の存在で、ケイマンでは毎年会計監査が義務付けられています。

しかもケイマンの会計監査では、ケイマン政府の許認可を受けた監査法人がその任に当たる必要があり、肝心の許認可も、世界規模で展開するような大手の会計事務所にしか与えられていません。

ちなみに、T君たちのヘッジファンドでは、監査法人はデロイトトーマツを使っています。ケイマン籍のヘッジファンドだからこそ、投資家保護が図れるというわけですね(もちろん、一番肝心なのは運用力ですが)。

細かい利益の積み重ねが大きなリターンを生む!?

運用開始から早くも半月以上経過しました。前回、「ごく短期間の騰落などまったく気にしていない」と書いたのですが、そのエントリーを読んだN君(光栄です)から、「短期間の成績も重要なんですよ」という連絡をもらいました。

ヘッジファンドの運用手法にはいろいろありますが、T君がファンドマネージャーを務めるヘッジファンドでは、基本的にロング・ショートという方法で機動的に利益を狙っていきます。要は、勝ちが見込める銘柄や投資対象があれば、売りでも買いでも何でもやって利益を取りにいくわけですね。

長期的な業績向上などを狙ってバイ&ホールドを取るのではなく、とにかく短期戦で細かい利益を積み上げていくということですが、この場合、短期的に利益を取れないようであれば、長期的にも利益を上げることは難しいというわけです。

T君が得意とする香港株式市場は、このところ方向感を失っているらしく、相場としてはなかなか難しい局面にあるとこと。先週通用したロジックが今週は通用しないということも頻繁に起こるそうで、細かい利食いと損切りを繰り返している状況だということでした。

今日あたりは、やはり史上初の1トロイオンスあたり1600ドル台に乗せた金相場が熱いらしく、ちょっと小遣い稼ぎ的に参戦して細かい利益を取りに行っているとのこと。やはりボラティリティが高い(=相場の変動が激しい)相場のほうが、圧倒的に利益を狙いやすいようです。

彼らのヘッジファンドの年間収益目標は+50%。やっぱり、毎日が戦いですね。

ヘッジファンドの運用開始から1週間

T君たちのヘッジファンドの運用が始まって1週間が経過しました。この短い期間での騰落などまったく気にしていないのですが、たまたまN君と電話で話す要件があったので、T君の状況などを聞いてみました。

ファンドマネージャーとしての経験は豊富なT君ですが、やはり今回はすべて自分たちで立ち上げたファンドとあって、その運用には相当気合いが入っているとのこと。本当に1日中モニターを凝視しているらしく、横で見ているN君も、よくこれだけ集中力が続くものだ・・・と感心してばかりのようです。

肝心の運用ですが、現在の時価総額10億円程度の場合、ロングショートの戦略を取るヘッジファンドとしては、非常に動きやすい状況だということです。ショートポジションはあまり大きなロットで建てることができないそうですが、今ぐらいの時価総額であれば自由自在にポジションを動かせるため、細かい利益を拾っていきやすいようです。

N君は「ちょっと変なたとえかもしれないですけど、モグラ叩きをやっているような感じですね」と評していました。具体的な騰落率については、あえて聞きませんでしたが、T君にはいつまでも張り切ってやってもらいたいところです。

7月1日、いよいよローンチ(運用開始)

時が経つのは早いもので、まだまだ先だと思っていたT君たちのヘッジファンドも、あっという間にローンチ(運用開始)の日を迎えました。

私としては、もうお金を託してしまっているので、もうT君の腕に期待するしかありません。本格的なヘッジファンドに立ち上げから投資するという、自分で振り返っても「思い切ったことをしたな…」という気がしますが、リスクを取らない者にリターンはないですし、乗りかかった船ですから全力で応援したいと思います。

さすがに運用初日、T君に連絡するのは気が引けるので、今日は一緒にいるはずのN君に連絡してみました。ローンチ時点の販売目標は1000万USドルということでしたが、どの程度達成できたのか、そのあたりも聞いてみたかったからです(1週間ほど前に聞いたときには、入金額ベースで700万USドル強といったところでした)。

N君によれば、駆け込み的にT君、N君の親戚筋からも大きな資金が入ったということで、最終的には900万USドルを少し超えるくらいで運用がスタートしたそうです。日本円にして10億円以上。目標には少し届かなかったようですが、3ヵ月あまりでよくこれだけ集めたものです。

内訳は、半分以上が香港人の富裕層で、残りが華僑系と中国本土の富裕層ということでした。私はかなり珍しい属性のようです。

何はともあれ、賽は投げられました。T君、がんばれ。
プロフィール

ブラウン

Author:ブラウン
香港駐在。中堅メーカー勤務の40代男性です。10年くらい前から続けている中国株の投資だけは、まあまあの戦績。それ以外の資産運用は……あまり聞かないでください(笑)。

カテゴリ
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
にほんブログ村 株ブログ ファンド・機関投資家へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログランキング
あわせて読みたい
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。