スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに楽をさせたいならオフショア弁護士にすればいい!?

世界中の有名ヘッジファンドが籍を置き、まさにヘッジファンドのメッカといえるケイマン。その大きな理由は、税金面で非常に優遇されているオフショアであるにも関わらず、ヘッジファンドに対する法的整備がしっかりしていて、投資家保護の体制をつくりやすい(=信頼性が高いぶん、お金を集めやすい)というものでした。

T君たちのヘッジファンドも、ケイマンに籍を置いています。会計監査などが厳しいのはこちらの記事でご紹介したとおりですが、ヘッジファンドの設立にあたっては弁護士の署名もいくつか必要になるそうです。

当然、この弁護士はケイマンの法曹試験に受かった人たちです。いわばオフショア弁護士ですね。世の中にはいろんな仕事に就いている人たちがいるものですが、ヘッジファンドの設立にあたっては、必ず彼らの力を(もちろんお金を払って)借りる必要があります。

T君たちが活動する香港には多数のヘッジファンド会社がありますから、ケイマンの弁護士たちもたくさん香港に事務所を構えています。ケイマンには籍を置いているだけで、実際のヘッジファンド会社は香港をはじめ他国にあるケースがほとんどですから、当たり前といえば当たり前ですね。

ケイマンではヘッジファンドに関する法制が整っているうえに、この弁護士たちのメイン仕事もヘッジファンドの設立ですから、彼らにとっては書類作りや説明などもルーチンワークであり、T君と一緒に契約に行ったN君に言わせると「ものすごい楽な仕事に見えた」とのこと。

それで受け取る報酬は、結構モノスゴイ金額らしいですから、かなり美味しい商売みたいです(もちろん、試験に受かるという難関はあるのでしょうが)。N君の言っていた「子どもに楽をさせたいなら、オフショア弁護士ですね」という言葉が、かなり印象に残っています。

ちなみに、T君たちのヘッジファンドが利用している弁護士事務所は、Applebyというところ。ケイマンをはじめ世界中のオフショアで活動する弁護士事務所で、オフショア弁護士事務所としては世界でも3本の指に入る大手弁護士事務所とのこと。やっぱり値段も張るのでしょうが、それだけに今回のヘッジファンドにかけるT君たちの意気込みが伝わってきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブラウン

Author:ブラウン
香港駐在。中堅メーカー勤務の40代男性です。10年くらい前から続けている中国株の投資だけは、まあまあの戦績。それ以外の資産運用は……あまり聞かないでください(笑)。

カテゴリ
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
にほんブログ村 株ブログ ファンド・機関投資家へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログランキング
あわせて読みたい
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。