スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケイマン籍、カストディアンは中国銀行

ファンドマネージャーのT君は香港の金融マンであり、その運用するヘッジファンドは、まさに香港のヘッジファンドですが、法的なファンドの設定先はケイマンにするそうです。つまり、ケイマン籍のヘッジファンドとするわけです。

ケイマンは、金融に関する様々な規制が緩いオフショアのひとつで、投資に興味がある人であれば、名前くらいは聞いたことがあるでしょう。自治権を持つイギリス領ですが、世界中にあるイギリス系のオフショアのなかでも、もっとも著名な存在のひとつといえます。

世界的に名の知られたヘッジファンドの多くがケイマン籍となっていることから、ヘッジファンドの設定先としても有名ですが、その人気はやはり法規制がほとんどなく、税負担もまったくないということです。自由自在に投資活動を行うためには、ケイマンのようなところで設定するのが一番のようです。

ただ、法規制がほとんどないということは、ヘッジファンドにお金をゆだねた投資家の資金の安全性についても、やはり不安が出てきます。そこで、きちんとしたヘッジファンドは、カストディアンという資金の安全性が確保される預け先を設け、その利用によって投資家資金の安全性を担保しています。

通常、カストディアンとなるのは、信託銀行か信託業務ができる大手銀行です。T君たちが立ち上げるヘッジファンドでも当然カストディアンを用意しており、中国銀行がその任に当たるそうです。

中国銀行は、HSBCなどと並んで香港紙幣の発券銀行ともなっている巨大銀行。香港では、中国銀行本店とHSBC本店が軒を連ねる界隈が、最大の金融ストリートとして知られています。

巨大銀行だけに、カストディアンとしての利用料も結構な金額になるそうですが、信頼度の高さにはやっぱり代えられないとのことでした。やっぱりお金が集まるところは、それなりの仕組みをつくっているものですね。世の中の大金持ちがこぞってヘッジファンドを利用している理由が少し分かったような気もします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブラウン

Author:ブラウン
香港駐在。中堅メーカー勤務の40代男性です。10年くらい前から続けている中国株の投資だけは、まあまあの戦績。それ以外の資産運用は……あまり聞かないでください(笑)。

カテゴリ
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
にほんブログ村 株ブログ ファンド・機関投資家へ
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
ブログランキング
あわせて読みたい
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。